Pocket

寝ていると・・・足が「ピッキーン!」

その後に襲ってくる猛烈に痛み・・・

こんな経験がありませんか?

そうです。寝ている時、あしがつったのです。

 

就寝中以外でも運動の最中に足が「ピッキーン!」

経験ありますよね?

 

足がつる

 

私も就寝中に突然足がつり痛みにのたうち回っています・・・

突然襲ってくる足がつった時の激痛どうになならないのでしょうか?

足がつる原因を探ってみました。

 

足がつる原因はコレだ!

「あっ!足がつりそう!」という感覚から「ピッキーン!」っと激痛・・・

就寝中、運動中と油断しているときに襲ってくる足がつるあの激痛。
いったい原因は何でしょうか?

 

足がつる原因が分かれば足がつるのを防げるはずですよね?
足がつる原因を探ってみましょう。

足がつるのは運動不足だから?

いいえ

運動不足だからではありません。

足がつる主な原因は

 

・ミネラル、水分の不足

・筋肉の疲労

・腱紡錘の働きが低下

 

この3つが挙げられます。

 

・ミネラル分、栄養、水分不足

足がつる原因としてよく言われているのが血液中のミネラルイオンのバランスが影響して筋肉の収縮が起こるからと言われています。
体内のカルシウムやマグネシウムそしてカリウム、ナトリウムなどのミネラル分のバランスが崩れ、その他、ビタミンB1やタウリンなどの栄養素が不足も足がつる原因ななるようです。

水分不足も足がつる原因になると言われていますがこれは運動などで汗をかくと汗と一緒に体内のミネラル分が身体の外へ出てしまう為です。

 

・筋肉の疲労

筋肉が疲労すると反応が悪くなると考えてしまいますよね?
しかし筋肉は疲労しさらに疲労がたまると興奮状態になります。
そして興奮状態の筋肉は刺激に対してとても敏感になってしまいます。

そんな疲労がたまっている興奮した筋肉に強めの刺激してしまうと筋肉は必要以上に収縮してして痙攣をおこし足がつるのです。

 

・腱紡錘の働きが低下

腱紡錘って知っていますか?
もし知っていたら凄いです!

あまり聞いた事のない名前ですね。
腱紡錘とはアキレス腱にある器官の事です。

腱紡錘は筋肉の異常収縮を防ぐ働きがあります。
プールに入って足がつった事のある方もいますよね?

それはこの腱紡錘が冷え働きが悪くなったことによって足がつったのです。

 

その他、糖尿病、甲状腺の病気、変形性腰椎症なども足がつる原因になると言われています。

糖尿病は神経障害によって手や足が痺れやすくなります。
それが痙攣につながり足がつりやすくなるという訳です。

甲状腺の病気は甲状腺の病気になると疲れやすいなどの症状があり筋肉にも疲労がたまりやすくなり足がつる原因となります。

変形性腰椎症は腰から下の筋肉が硬直する病気です。
腰から下の筋肉が硬直すると足がつることにつながります。

 

足がつらないようにするには?

 

足がつる原因はわかりましたよね?

その他にも足のつる原因はありますが主な原因は先ほど挙げた通りです。

足がつらないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

足がつらないようにする予防策を挙げてみますね。

 

足がつる2

 

・カルシウムやマグネシウムそしてカリウム、ナトリウムなどのミネラル分をしっかり摂り栄養バランスに気をつける

・運動をして汗をかいたらしっかり水分補給

・運動の前後はよくストレッチをし身体をほぐす。

・身体を冷やさないようにする

・疲れたら無理をしない

などが足をつらないようにする予防策です。

 

特に普段の食事には気を付けて頂きたいことがあります。
栄養バランスです。

この栄養バランスで足のつりやすさは左右されると言われています。

小魚やひじきなどのカルシウムを多く含む食品を摂ったり、レバー、豚肉、玄米などビタミンBを多く含む食品そしてミネラル分を多く含む食品、例えばアーモンドやゴマそして豆腐などを普段から意識して食べる事は足をつりにくくすると言われています。

 

足がつる原因、そして予防策が分かればあの

寝ていると・・・足が「ピッキーン!」

その後に襲ってくる猛烈に痛み・・・

から解放ですね