Pocket

みなさんが大好きな唐揚げ
その唐揚げに似たもので竜田揚げがありますよね?

見た目ではほとんど一緒な感じなのですが唐揚げと竜田揚げは違うのでしょうか?

そんな素朴な疑問を調べてみますね?

 

唐揚げ

唐揚げと竜田揚げって同じ味?

 

唐揚げと言えば鶏肉の唐揚げを多くの人が想像しますよね?

でも唐揚げって鶏肉だけではないの知っていますか?

 

肉に関しては鳥以外の豚肉も牛肉も魚も野菜もどれも唐揚げになるのです。

それらの食材に片栗粉や小麦粉をまぶして揚げたものを唐揚げと呼ばれるようです。

 

確かに魚のカレイの唐揚げとかカサゴの唐揚げってたべたことありますね。
珍しいものにはイソギンチャクの唐揚げまであるというのですから驚きです。

 

魚の唐揚げ

 

一方、竜田揚げはといいますと食材的には鶏肉が多いのですがその他の肉、サバなどの魚などをしょう油、酒、みりんで下味を付け片栗粉のみで油で揚げたものを竜田揚げと呼んでいるようです。

唐揚げの場合は野菜も食材の対象になるようですが竜田揚げの場合は野菜は食材の対象とならないようです。

 

という事で唐揚げと竜田揚げは下味の違いとまぶす粉の違いにより味にも違いであるのです。

 

衣になる粉をもう少し詳しく説明すると・・・

 

唐揚げに使用される粉は小麦粉と片栗粉で中にはガーリックパウダーを入れる事もあり唐揚げ粉ということで市販されている粉を使う事もあります。

竜田揚げに使用される粉は片栗粉だけです。

これだけでも味に違いが出てきますよね

 

下味の違いは唐揚げは基本、下味は無しで竜田揚げははしょう油、酒、みりんで下味をつけます。

竜田揚げの方が味が濃い感じですね。

 

いま、唐揚げには基本下味は無しと言いましたが、例外があり北海道で唐揚げの事を「ざんぎ」と呼ぶことが多くこの「ざんぎ」はしっかり濃い目の下味がついています。

でも北海道ではこの「ざんぎ」の他に「唐揚げ」というのもちゃんと存在していて「ざんぎ」と「唐揚げ」の関係は曖昧なのです。

ここで唐揚げと竜田揚げの関係を整理してみますと唐揚げの中の竜田揚げと考えた方がスッキリすると思います。

唐揚げの仲間の中の竜田揚ですね
先ほどの北海道のざんぎも唐揚げの中のざんぎなのです。

下味に関しては唐揚げは下味無しと言いましたが最近は唐揚げも下味をつける事が多くなってきたようですね。

でもざんぎのような濃い味ではないみたいです。

 

唐揚げと竜田揚げの名前って?

 

唐揚げ竜田揚げは微妙に衣の粉や下味が違うのは分かりましたが唐揚げと竜田揚げの名前ってどうしてこんな名前になったのか気になりますよね?

唐揚げの「」ってどっかで見たことある字ですね。

「唐」そう「とう」ですね。

「唐」とは歴史の好きな方でしたら簡単ですね。
「唐」とは中国の事で唐揚げは中国から来た揚げ物のようです。

 

竜田揚げの「竜田」とは実は奈良県の北西部を流れる川の名前で「竜田川」の事のようです。

この竜田川は紅葉の名所でもあります。
竜田揚げの下味のついた肉の色と衣の片栗粉の白さが織りなす様がこの竜田川の紅葉の風景に似ていた為、竜田揚げと呼ばれるようになったようです。

 

竜田揚げ

 

ついでに北海道のざんぎの名前も気になりますよね?

ザンギは中国語の鳥の唐揚げを意味する「ザージー」からきているようです。

「ザージー」をさらに運がつくように「ザー運ジー」となりそして「ざんぎ」となったようで北海道のざんぎに関しては謎が多いのです。

ただひとつ言えるのが色々な場面で登場するざんぎは北海道のソウルフードであることは間違いないようです。