Pocket

子供たちが大っ嫌いなピーマン

一方、色鮮やかな作りものようなパプリカ

色が違うだけで同じような気がしますね?

 

色鮮やかなピーマンがパプリカ・・・って思っていませんか?

でもピーマンとパプリカの違いは何でしょうか?

こんな疑問を一度は持ったことがあるでしょ?

ピーマンとパプリカの違いを徹底的に追跡してみます!

 

ピーマン

 

 

ピーマンとパプリカって同じじゃない?

 

ピーマンとパプリカって形は同じですよね?

 

違うのは色・・・

 

ちょっと肉厚も違うような気がする・・・

 

味も違うのかな・・・

 

これがピーマンとパプリカの違いを聞いた時の答えです。

 

ピーマンとパプリカ

 

でもピーマン、パプリカと名前が違うから違う仲間なのか?と思うのも分か気がしますよね。

ピーマンとパプリカはナス科のトウガラシ属です。

という事は・・・同じなのです。

 

実は植物学でも明確な定義や分類がされていないのです。
すなわちピーマンとパプリカは曖昧な状態なのです。

これには正直驚きました。

 

ピーマンとパプリカが曖昧なんて・・・

緑色がピーマン色鮮やかなのはパプリカと呼ばれ、苦いものがピーマン甘みがあるものがパプリカと呼ばれているのです。

ピーマンの緑色は未成熟な状態で成熟した状態で甘みが増したものがパプリカという事なのです。

成熟すると食感が柔らかくなるのでパプリカはピーマンよりも柔らかいのです。

 

話をまとめると

ピーマンは未成熟でパプリカは成熟したものという事ですね。

実はししとう、唐辛子もピーマンやパプリカと同じナス科トウガラシ属に分類されているのです。

同じ種ということなのです。

 

ピーマンとパプリカは栄養も同じなの?

 

ピーマンとパプリカは同じという事なのですが栄養も同じなのでしょうか?

栄養が同じなら分けて売っている必要もないような気がしますよね。

 

ピーマンとパプリカは基本的な栄養素は同じです。

どちらもビタミンCカロテンを多く含むのですがパプリカの方がこれらの栄養素の含有量が多いのです。

その理由はパプリカはピーマンよりも成熟しているからなのです。

なるほど!って感じですよね。

しかもパプリカの栄養の含有量はピーマンの数倍含まれているというのですから驚きです。

パプリカは栄養面では圧倒的にピーマンよりも優っているのです。

 

ピーマンとパプリカどっちが美味しい?

 

ピーマンとパプリカは同じナス科のトウガラシ属ですよね。

ではどちらが美味しいと思います?

 

パプリカ

 

ピーマンはまだ成熟していなく少し苦いのが特徴でしたよね

一方、パプリカはピーマンより成熟しているので甘味があります。
しかも肉厚なので柔らかいのが特徴です。

ピーマンの苦みが美味しいという方も多いのは事実です。

しかしその苦さが子供達には嫌われているのも事実ですよね。

 

そこでパプリカの登場です!

パプリカはピーマンよりも甘く柔らかくしかも色も綺麗なので子供達には人気なのです。

きっと子供達はパプリカの方が美味しいと感じているはずです。

どちらが美味しいかという問題は好みの問題ですので苦みがお好きでしたらピーマン、苦みが嫌いでしたパプリカとなるようですね。

 

ピーマンよりも栄養豊富なパプリカですが今後、見る目が変わりますよね。

食べるなら栄養豊富なパプリカを食べてみませんか?