Pocket

冬が近づくと話題になって来るのがインフルエンザですね。

今年はA型が流行るとか

B型が流行るとか・・・

新しいインフルエンザのワクチンが出来たとか・・・

 

そんなインフルエンザですが予防するには予防接種を受ける事が一番なのはご承知かと思います。

しかし、気になるのがインフルエンザの予防接種の副作用ですよね。

どんな副作用がインフルエンザの予防接種にはあるのかしっかり理解し予防に努めたいものです。

 

インフルエンザの予防接種ってどんな効果があるの?

 

インフルエンザの予防接種を受けるとインフルエンザに感染しないのでしょうか?

答えはNOです・・・

 

病気

 

インフルエンザに感染する。感染しないは人それぞれの免疫次第なのです。

インフルエンザの予防接種を受けたからといって絶対に感染しない訳ではありません。

予防接種を受けても免疫が下がっている時などインフルエンザに感染する時は感染するのです。

インフルエンザの予防接種を受けても意味がない!って思いますよね?

予防接種は痛いし

腫れる時もあるし

それでインフルエンザに感染したのでは何の為の予防接種なのか・・・

 

そんなインフルエンザの予防接種はちゃんとねらいがあるのです。

たとえ予防接種を受けインフルエンザに感染してもそこには予防接種のワクチンにはねらいがあります。

 

ではインフルエンザの予防接種の狙いとは何でしょうか?

それは、もしもインフルエンザに感染した場合、予防接種を受けていると感染しても重症化を防ぎ症状を軽くしたり合併症を防ぐなどの狙いがあるのです。

インフルエンザの予防接種を受けた事がある人は思い出して欲しいのですがインフルエンザに感染したことはありませんか?

もし予防接種を受けていて感染した事があったとしたら症状はどうでしたか?

発熱はするかと思いますが以外にインフルエンザの症状として言われている高熱よりも低くはありませんでしたか?

意外と低かったと思いますよ。

そのようにインフルエンザの予防接種はもし感染しても症状を軽くするなどや合併症を防ぐなどの狙いがあるのです。

 

予防

 

インフルエンザの予防接種の副作用って何?

 

インフルエンザの予防接種の副作用として最も知られているのが「腫れる」ではないでしょうか?

注射をした場所が腫れあがり2~3日触ると痛い・・・
これってみなさん副作用と思っていない方が多いのですが予防接種の副作用ですよ。

その他、注射をした場所の副作用としては

赤くなる。

痛みがでる。

痒くなる

火照ったように熱をもつ

カチカチに固くなる

などがあり注射した場所が腫れる事によってこれらの副作用も同時に出る事が多いのです。

 

予防接種

 

その他、注射したばしょの副作用ではなく注射の後に体にでる副作用としては
全身におこる副反応

発熱や頭痛、そして倦怠感などがあり私も発熱は経験があります。

インフルエンザの予防接種の後は風邪の時のように微熱で倦怠感が2~3日続くことがあります。

 

稀にじんましんが出たり呼吸困難や吐き気などの副作用がある場合もあるようでそのような症状が出た場合は予防接種を受けた病院に行く方がよいでしょう。

腫れや発熱などは2~3日で症状が治まる事が多いようですので様子を見ても良いかと思います。