Pocket

 

最近、目が悪くなってきました。

ずーっと目が良かったので少し視力が下がっただけでも凄く目が悪くなった気分です・・・

でも40過ぎと言えば老眼の始まりとも言われてますし、年も年なので仕方ないと言えばそれまでですよね。

しかし視力1.5以上をキープしてきた私にとって視力0.5を切るとかなりショックなのです。

 

目が悪くなってきた私ですが周りを見渡しても目の悪い方が多いような気がします。

特に子供のメガネやコンタクトの使用率の高い事!

勉強のし過ぎ?それならまだよいのですが・・・

スマホやゲームのやり過ぎだとしたら問題ですよね?

 

そんな目が悪くなる原因を探りみなさんの視力を少しでも維持できるような改善策を探すことが出来たらと思います。

 

目が悪くなるのって遺伝?

 

昔から「親がメガネをかけていたら子供も目が悪い」とかよく言われていましたよね。

それって「目が悪いのは遺伝する」という事ですよね?

視力が悪いのは本当に遺伝なのでしょうか?

 

眼鏡

 

確かに目が悪いのは遺伝する場合のあるようですが全てが遺伝する訳ではなく、遺伝する可能性が高いと言われているのは何らかの病気、例えば、ぶどう膜炎などで目が悪い場合とか近視の場合のようです。

 

近視について言われているのが 軸性近視は遺伝の関係性が高いと言われています。

軸性近視 って分かりますか?

軸性近視・・・ 知っていたらビックリです!

 

軸性近視を説明すると眼科の専門的な話になってしますのでここでは何らかの病気と軸性近視は遺伝に関係しているという事を抑えて置いてください。

 

そうした病気や軸性近視のような遺伝を除くと目が悪くなるのははやり生活環境が影響していると言われています。

 

目が悪くなる生活環境が親と子では似ているのも当然ですよね?

同じ家で同じ空間でテレビを見たり読書したり同じようなものを食べたりしていますから親が目が悪くなると子供も悪くなるのも仕方ないのかもしれません。

「目が悪くなる生活環境が親から子へ遺伝している」という言葉が合っているような気がします。

 

目が悪くなる環境って?

目が悪くなる生活環境とはどんな生活環境でしょうか?

 

・長時間のゲームをする

子供はゲームが好きですよね。

注意しなければ何時間でも寝てる時と食べている時以外はゲームをしているのでは?と思うくらい何時間でもゲームをしていますよね。
この長時間のゲームが目を悪くします。

 

・暗いところで本を読む

暗いところで本を読むと目が悪くなるというのは昔から言われてきましたよね。

暗いところで本を読むと目が緊張した状態となり疲れたように感じるのです。
目が疲れる事によって視力が低下します。

 

・テレビ、パソコン、ゲームを長時間見続ける

テレビ、パソコン、ゲームを長時間見続けると目に悪いというのは誰でも分かると思います。
それらを長時間見続ける事によって目のピント機能が低下してしまいそれに伴い視力の低下となります。

 

ゲーム

 

・スマホを寝る前にする

寝る前にスマホしてませんか?

何気なく布団に入って暗闇でスマホを触る癖ありませんか?

きっとあなたもそんな癖があると思います。

真っ暗闇でスマホの画面だけは明るい、このコントラストが目を疲れさせます。
しかも寝る前にスマホをいじる人は目が慢性的に疲れていて、これでは目が悪くなるのも仕方がありません。

 

・猫背で姿勢が悪い

猫背は目が悪く乗るの知っていますか?

あまり姿勢を気にしている人って少ないかもしれませんが特にスマホいじっている人、ひどい猫背の方多いですよね?

猫背のように姿勢が悪いと見る物との距離が近いのは理解できますよね?
物を近くで見ると目が疲れてしまいますよ。

パソコンでも同じです。
猫背ではモニターに顔が近づいてしまいます。
姿勢をよくしてスマホ、パソコン、読書をするよう気にしてみましょう。

 

・合わないメガネやコンタクト

度数が合わないメガネやコンタクトレンズを使用している方多いです。

度数が合っていないと見えないし、疲れるし、目が疲れるだけでいいことありませんよね。

度数があっていないと視力を低下させていまいます。
定期的に視力チェックは必要です。

 

目を悪くしない為には目を労わる事が大切です。

 

目をよくするには

 

目をよくするには目によい生活習慣をしましょう。

あなたが今すぐ生活習慣を改善する事ができれば視力の回復も望めます。

 

 

目に良い生活習慣とは

・食生活を洋食から和食中心の食事へと変える

・規則正しい生活習慣で生活する

・十分な睡眠で目の休息をとる

・適度な運動をする

・外出時にはサングラスなどで紫外線を避ける

・パソコンやスマホなど目を酷使する時は使用時間を決め30分ごとに休憩を入れ目を休める

・ブルーベリー、ビルベリーなどアントシアニンを含む食べ物をはじめ目が良くなる食べ物を摂る

・視力回復法などを日頃から取り入れる

 

まずは簡単に出来る事から取り組み目によい生活習慣を身に着けましょう。