Pocket

脳梗塞・・・自分には関係ない病気

そんな事、思っていませんか?

 

先日、知り合いの母親が脳梗塞で倒れまして・・・
何か他人事では無いような気がします。

その方は病院の掃除の仕事していて仕事中に倒れそのまま、自分の職場である病院で迅速な治療が行われそのまま入院し治療中です。

 

脳梗塞はいち早く症状をチェック、しかも初期の症状をどれだけ早く発見できるかでその後の後遺症などに関係してくると言われています。

 

もし・・・

あなたの大切な人が脳梗塞にかかってるとしたら・・・・

あなたが脳梗塞の症状をいち早く発見すればあなたの大切な人は助かります!

 

脳梗塞

 

 

そんな脳梗塞の症状のチェック

どんな所に気を付けたらよいのでしょうか?

脳梗塞について少しだけ理解をしておくだけであなたはいち早く脳梗塞の症状をチェックし発見する事ができるのです。

脳梗塞とは? 危険な病気?

脳梗塞とは脳の血管が詰まったり狭くなったりすることで脳への血流が悪くなり正常な時の5分の1から10分の1くらいに低下してしまった状態をいいます。

脳への血流が悪くなる為、脳が酸素や栄養不足に陥り脳に障害が起こったり脳組織が壊死または壊死に近い状態になってしまう事もあります。

 

脳梗塞に似た病名で脳卒中と言う病名を聞いた事があると思います。

脳卒中についても少し説明しますね。

脳卒中とは簡単に説明すると脳の血管の病気をまとめた言葉で脳梗塞やくも膜下出血など脳に関係する病気です。

 

・ある日、突然急に手足がしびれたり物が上手く持てなくなったり・・・

 

・話したくても言葉が出てこない・・・

 

・最悪の場合は発作や意識がなくなったり・・・

 

こんな話を耳にしたことがあると思いますが、こんな症状が脳卒中です。

 

 

MRI

 

脳卒中

 

・脳の血管が詰まる

・脳の血管が破れて出血する

 

といった症状に大きく分けられ

 

脳の血管が詰まるといった症状は

 

・脳梗塞

 

脳の血管が破れて出血するといった症状は

・脳出血
・くも膜下出血

といった感じに分けられます。

 

日本では脳卒中の約4分の3が脳梗塞と言われています。

 

脳梗塞の症状は?この症状ヤバい?

私の今までいろいろ聞いた脳梗塞の話では必ずと言っていいほど脳梗塞の重い症状の前には何かかしら軽い症状の前兆があるようです。

 

その軽い症状を早期に発見できれば後遺症なども少なくて済むかもしれません。

 

 

その軽い症状の前兆を見てみましょう。

 

運動障害、感覚障害

・水を飲もうとすると上手に水が飲めず水がこぼれ落ちる

・食べ物を食べようとしても口からこぼれ落ちる

顔面の筋肉に麻痺が起こると水や食べ物が口からこぼれ落ちる事があります。

・片側だけの手足が痺れる

手だけ、足だけ痺れる事もあります。

・鏡に映った自分の顔がいつもと違い顔が歪んで見える。

顔面の筋肉の麻痺によって顔の片方の筋肉が緩んだりして歪む事があります。

 

言語障害

・話したいの言葉が出なかったり、ろれつが回らず何を言っているのか聞き取れない

声を出す筋肉の麻痺によって出る症状で家族との会話で気が付く事が多いです。

 

視野障害

・すぐ横にある壁が見えずぶつかる

視野の半分だけ欠ける症状です。本人が自覚しずらい症状でもあります。

 

平衡感覚の障害

・立っていられず、ふらつき、転倒、めまいが起こる

身体のバランスが取れず起こる症状で本人は「めまいだから」っと軽視することが多いです。

 

これらの脳梗塞の症状は普段の様子と違うので少しでも普段と何か違う?と感じたら病院に行って相談するべきでしょう。

 

脳梗塞の原因は?

脳梗塞の原因は何だと思いますか?

 

糖尿病高血圧肥満動脈硬化生活習慣病などがあります。

その他、高血糖喫煙脳梗塞の原因になると言われています。

この中で特に注意しなければならないのが動脈硬化です。
動脈の壁が老化などの理由から弾力性がなくなりもろくなったり、傷つき脂肪やコルステロールなどが溜まる事によって血管が詰まり直接の脳梗塞の原因となります。

 

同じように動脈が詰まる事では隠れ脳梗塞の原因でもあります。

隠れ脳梗塞場合は少しずつ詰まり本人には気づかない小さな脳梗塞のことです。

 

小さな脳梗塞だからと言って放置はできません。
定期的な検査でチェックするようにしましょう。

 

脳梗塞の予防できるの?

脳梗塞の簡単にできる予防法は予防につながる食品を積極的摂る事です。

・サンマ、サバ、などの青魚
青魚のDHAは血管を詰まらせる悪玉コルステロールの値を低くしてくれます。

・野菜全般
特に玉ねぎ、にんにく、ラッキョウは血液をサラサラにします。

 

その逆に身体によくない食品を避けるようにしましょう。

・塩分を多く含む食品
・コレステロールの多い食品
・ジャンクフード

 

水分補給

 

水分をたくさん摂る

体内の水分が不足すると血液がドロドロになります。
ドロドロになると詰まりやすくなりますのでこまめな水分補給で予防です。
特に朝起きたら水を飲むのは予防として最適です。

 

これらの予防法は今すぐできる簡単なものばかりです。